クリプトチルドレンの日記

気になる本・映画・ビデオ・フィンテックなど雑記ブログです!!

「ザ・テラー シーズン1」⑥氷上の宴

さあ第⑥話「氷上の宴」です!!

 

はっきり言って解釈が難しい回です。

最大の謎は軍医のスタンリー先生の行動ですよ。

原作にもありませんこんな場面…どういうことだこれ。

 

まず隊を取り巻く環境はますます悪化の一途を辿っています。

当面の問題となってきたのは食料です。

無理をすれば5年は持つと言われた食料が

目論見通りいかないことが明らかになりました。

そう、缶詰が腐っていたんですね。

軍医助手のグッドサーさんは缶詰を食べた猿が、死んでいるのを発見します。

軍医のスタンリーさんに報告しますが、なぜか「私に任せろ」の一点張り。

 

んで、スタンリーさんのカーニバルでの壮絶な焼身自殺になるんですが、

その心境を読み解くことが難しい。

恐らく、自身が腐った缶詰めを食べていて

自身の肉体と精神が蝕まれてきていることに気づいた、ということでしょうか?

数話前にラテン語ギリシャ語がごちゃ混ぜになる」とか言っていましたもんね。

 

艦内では精神的な疾患を訴える隊員が増えていました。

スタンリーさんは「冬のせいだ」とか言っていたんですが、

事実を知って愕然としたのかもしれません。

にしても、なぜ他の隊員を火事に巻き込んだのかは謎です。

(私が何か重要なヒントを見逃しているかもしれません)

 

※ちょっと脱線しますが

1980年代の調査で隊員の遺体からは、鉛が検出されています。

鉛中毒にかかっていた可能性があるというんですね。

その鉛中毒は缶詰のはんだ付が甘かったからとも、

水の蒸留装置から鉛が漏れたためとも言われています。

 

 

さて、あとレディ・サイレンスが舌を切って現れたということも謎の一つです。

まあ…訳わかりませんよね。

ただこちらは話が進むと分かってくるはず…です。