クリプトチルドレンの日記

気になる本・映画・ビデオ・フィンテックなど雑記ブログです!!

小説版「ウィッチャー」を読んで気になったのはゲラルトさんが○○な件

小説「ウィッチャー」ではゲラルトさん弱い?

 紹介するのは、我らがハヤカワ文庫から出ている「ウィッチャー」シリーズです。

    • ウィッチャーI エルフの血脈
    • ウィッチャーII 屈辱の刻
    • ウィッチャーⅢ 炎の洗礼

 原作はポーランドアンドレイ・サプコフスキ全5部作。日本では上記の3部までが刊行されています。ジャンルは剣と魔法の世界、まあファンタジー小説です。

 と言っても、日本での認知度としてはゲームの「ウィッチャー」シリーズの方が上でしょう。

www.youtube.com

 私もPS4「ウィッチャー3 ワイルドハント」にハマりました。

というか、めちゃくちゃ好きなんですよね。

いわゆるオープワールド型RPGで、グラフィックは超絶美麗です。

モンスターや敵を切ると、腕は切れるわ、血しぶきは上がるわ、美女との情事も楽しめるわでしっかりとした大人のゲームです。

 しかもシナリオがまたいいんです。追加の大型DLCダウンロードコンテンツ)も「無情なる心」「血塗られた美酒」と2本出ていますが、こちらも素晴らしい出来栄えです。シナリオはむしろ本編よりも優れていて、おまけとは言えない満足度です。

 

 ゲーム製作はCD Projekt RED」というポーランドの会社です…いやーポーランドのゲームや小説になかなか触れることはありませんよね。

 正直、ポーランドすげーと思いました。

 

 さて、ゲーム「ウィッチャー3」からの流れで、原作も読みたくなったわけですが…感想としては…あれ?ゲラルトさん弱くね?ということです。

 

 ゲラルトというのは主人公の名前です。

白髪、2本の剣を持ち歩き、依頼に応じてモンスターを退治する渋いオッサン、ウィッチャー(魔法剣士)です。

 ゲームではバッタバッタと怪物退治に無双ぶりを発揮するんですが、小説では、馬に踏まれたり、軍隊同士の戦を避けたりして、けっこう人間臭いです。

 

 唖然としたのは、とある魔法使い!に杖でボコボコにぶん殴られ、瀕死の重傷を負った場面でしょうか。あの無敵のゲラルトさんが…という点でも、小説は読んだ甲斐がありました。

 さて小説版「ウィッチャー」はゲームの前日談が展開されています。

魅力的なのは野心ありまくり魔法使いです。「ウィッチャーII 屈辱の刻」ではサネッド島という場所で魔法使いが集会を開き、陰謀劇の幕が上がります。

 集ったのは…以下の魔法使いです。

※イラストは「ウィッチャー3」から派生したグウェントというカードゲームから引用グウェント | DEKKI

 

サネッド島の魔法集会

  • フィリパ・エイルハート(レダニア国)…ディクストラと行動を共にする

    f:id:bluesmoothie:20180804225328p:plain

  • キーラ・メッツ(テメリア国)…フォルテスト王に仕える

    f:id:bluesmoothie:20180804231523p:plain

  • サブリナ・グレヴィシグ(ケイドウェン国)…ヘンセルト王に仕える 

    f:id:bluesmoothie:20180804231548p:plain

  • トリス・メリゴールド(テメリア国)…フォルテスト王に仕える

    f:id:bluesmoothie:20180804225128p:plain

  • ヴィルゲフォルツ(魔法院構成員)

    f:id:bluesmoothie:20180804225543p:plain

  • フランチェスカ・フィンダベア(エルフ)…花の谷の女王<谷間のヒナギク

    f:id:bluesmoothie:20180804231948p:plain

  • イェネファー…ゲラルトの恋人

    f:id:bluesmoothie:20180804232351p:plain

  • デトモルド(コヴェリ国)…エステラド王に仕える

    f:id:bluesmoothie:20180804225010p:plain

  • ドリセルム(コヴェリ国)…エステラド王に仕える
  • アルトード・テラノヴァ(魔法院構成員)
  • ラドクリフ(オクセンフルト)
  • フェルカート(シダリス国)
  • リディア・ヴァン・ブレデヴォルト…ヴィルゲフォルツの助手
  • ティサイア・ド・ブリエス(魔法院構成員)
  • ドレガレイ(シダリス国)…エサイン王に仕える
  • マルティ・セデルグレン…治癒師
  • ヘン・ゲディムデス(魔法院構成員)…最長老の魔法使い
  • カルドゥイン(コヴェリ国)…エステラド王に仕える

■女魔術師会

ウィッチャーⅢ「炎の洗礼」では結成された女魔術師会の集会が開かれます。

  • フィリパ・エイルハート

    f:id:bluesmoothie:20180804225317p:plain

  • キーラ・メッツ

    f:id:bluesmoothie:20180804224500p:plain

  • サブリナ・グレヴィシグ

    f:id:bluesmoothie:20180804224637p:plain

  • トリス・メリゴールド

    f:id:bluesmoothie:20180804225142p:plain

  • フランチェスカ・フィンダベア

    f:id:bluesmoothie:20180804231934p:plain

  • イェネファー

    f:id:bluesmoothie:20180804224242p:plain

  • シーラ・ド・タンカーヴィレ…学者

    f:id:bluesmoothie:20180804224834p:plain

  • マルガリータ・ラウクス=アンティレ…魔法学校の校長

    f:id:bluesmoothie:20180804231125p:plain

  • アイダ・エミアン(青色山脈 エルフ)…賢者

    f:id:bluesmoothie:20180804224022p:plain

  • アシーレ・ヴァル・アナヒッド…(ニルフガード帝国)

    f:id:bluesmoothie:20180804224140p:plain

  • フリンギラ・ヴィゴ…(ニルフガード帝国)

    f:id:bluesmoothie:20180804225429p:plain

 

小説「ウィッチャー」はファンは必読だが…

 小説は、素直に物語にグイグイ引き込まれます。面白いです。

ゲーム内では滅法強いゲラルトさんですが、前述の通り、原作では弱さを見せてくれます。ゲームに登場した人物とゲラルトさんの以前の関わりも知ることができますし、ゲームに登場していない例えば、魔術師のヴィルゲフォルツボスキャラとして存在感抜群です。

 ただ不満もあります。それは地図が付いていないんですよねー。シントラ国、ブルッゲ国とか言われても、イメージしにくいので、ぜひ残り2作を刊行する時は地図つけて欲しい(切望)なと。

 ちなみに拾い地図だとウィッチャーの世界は↓な感じです。

f:id:bluesmoothie:20180804234836j:plain

2020年にはNetflixでドラマ放送が!

 さてゲームの「ウィッチャー」は製作会社CD Projekt REDがウィッチャー3で完結した、としていましたが、続編のウワサも出てきています。

一方、最大の話題はNetflixで2020年に始まるドラマでしょう。

 早川書房もこのドラマを見越して、翻訳を刊行していると思います。滅茶苦茶楽しみです。大人のドラマとしてエロ要素もぜひ入れて欲しいね(笑)